AGAに効く育毛剤をランキングで紹介!実際に使って効果があった育毛剤のおすすめはコレ!

AGAに効く育毛剤ランキング【2019年版】

AGAの原因は遺伝が大半!遺伝によってAGAが発症するメカニズムとは

更新日:

家族や親族に薄毛の方がいるから自分も将来薄毛になってしまうのではないかと不安に思っている方も少なくありません。

今回は遺伝とAGAはどのように関係しているのか、遺伝以外にも原因はあるのかなどをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

AGAの原因は遺伝が大半

AGAが発症してしまう原因はいくつかありますが、そのほとんどが遺伝による影響だと考えられています。むしろ、遺伝以外が原因でAGAを発症することは稀なケースです。

とはいえ、AGA自体が遺伝するわけではなく、あくまでも”AGAになりやすい体質”を遺伝することになります。

そのため、親や祖父が薄毛だからと言って必ずしも薄毛になるわけではなく、人によってはずっとフサフサな人もいます。

遺伝に関連する要因は2つあります。

DHTが発生されやすい体質

1つ目はDHTの産出のしやすさです。

DHTとは、AGAによる脱毛の原因となる男性ホルモンのこと。
DHTは、男性ホルモン・テストステロンと酵素5αリダクターゼが結合して生成されますが、DHTが生成されやすいのは遺伝によって決まっています。

DHTが生成されやすい体質の人は、同じように生活していても20代30代以降にAGAを発症する可能性が高くなってしまいます。

アンドロゲンレセプターの感受性の高さ

2つ目は、アンドロゲンレセプターの感受性の高さです。

DHTが生成されても、それだけで薄毛になるわけではありません。
生え際やつむじ周りに存在するアンドロゲンレセプターと結合することにより、脱毛シグナルという命令を発するようになります。

DHTとアンドロゲンレセプターのくっつきやすさも、遺伝的な要因が大きいといわれています。
アンドロゲンレセプターの感受性が高い体質の人は、同じような生活をしていても禿げやすいというわけです。

母型の家系に薄毛の人がいるとAGAを遺伝しやすい

男性ホルモン受容体の感度は母親のY染色体から遺伝されるので、受容体の感度が低いか高いかでAGAになる可能性が決まってきます。

父親が薄毛だからといって自分も将来薄毛になると思っている人もいますが、実は薄毛のなりやすさに関わってくるのは母親なので、父親が薄毛でもあまり関係はありません。

AGAの遺伝を止める方法は薬を使うしかない

遺伝によるAGAの進行を抑えるためには、薬を服用する必要があります。

プロペシア・ザガーロと呼ばれる薬には、AGAの原因となるDHTの産出を抑制する効果があるため、飲み続けることでAGAによる脱毛を抑えることができます。

また、ミノキシジルという成分を配合した薬を使うことで、既に薄くなった部分に毛を生やす効果も明らかになっています。

ただし、どちらの薬も強い作用があるために、精力減退や多毛症などの副作用もいくつか挙げられています。

薬を使って治療を進める場合は、素人判断せずに必ず専門医に相談するようにしましょう。

最近では、薄毛治療を専門に取り扱う病院も増えているので、まずはチェックしてみてください。

AGAの原因は遺伝以外にもある

AGAのほとんどは遺伝によって引き起こされますが、遺伝以外にもAGAの要因になるものはあります。
家系が薄毛ではない人がAGAになってしまうのには、次のような要因が感がられています。

生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れているとホルモンバランスに影響を及ぼし、AGAの原因となってしまいます。また、栄養の整った食事を摂っていないと人間の生命維持が働き内臓にすべての栄養が持っていかれます。

髪の毛には栄養が届かなくなってしまうので、栄養不足に陥った髪の毛がどんどん抜け落ちてしまうのです。

不足しやすビタミンや亜鉛などはサプリメントでも補うことができるので、髪の毛が栄養不足にならないように心がけることが大切です。

髪の毛の構成にはタンパク質、ビタミン、亜鉛が必要不可欠なのでこれらの栄養素をバランスよく食事で取り入れましょう。

ストレス

ストレスもAGAの大きな原因の1つだと言われています。

ストレスを内に溜め過ぎてしまうことでホルモンバランスが乱れ、ヘアサイクルに影響をきたしてAGAを引き起こしてしまうのです。

仕事や人間関係、ご近所付き合いなど様々な要因が原因でストレスが溜まってしまうものですが、できるだけストレスを溜め込まないように自分なりの発散方法を見つけることが大切です。

中でもジョギングやウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。周りの景色を見ながら歩いたり走ったりすることでリラックス効果を得られ、ストレスを緩和することができますよ。

睡眠不足

しっかりと睡眠時間も確保できていますか?睡眠中は人間が細胞分裂を活発に行うための大切な時間です。

睡眠時間を確保することができず質の良い睡眠を取れなければ、細胞分裂を活発にすることができません。

髪の毛を成長させるために必要な毛母細胞も活発に分裂することができないので、髪の毛が成長不足となり抜け落ちてしまうのです。

AGAにならないためにも睡眠時間は少しでも多く時間を確保して、体の細胞分裂を促してあげましょう。細胞分裂を促すことで髪の毛だけではなくお肌にもハリを与え、脳も活発に働くようになります。

まとめ

AGAは遺伝が最も大きな要因とも言われていますが、他にも原因はいくつかあります。

食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどでもAGAを発症してしまう可能性があるので、一度自分の生活習慣を見直してみることが大切です。

しっかり栄養が取れているか、質の良い睡眠は取れているか、ストレスは発散できているか項目ごとに分けて確認してみましょう。

残念ながらAGAの遺伝を止める方法は現在発見されていませんが、薬を服用することでAGAの進行を抑制することができます。

発毛効果のある薬を飲むことで新たに髪の毛を生えさせて薄毛を改善することもできますし、AGAになったからといって深く悩む必要はありません

 

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます


AGA対策におすすめの育毛剤【副作用が少ない無添加を厳選!】

AGAによる生え際の後退、つむじの薄毛が気になり始めたら使っておきたい育毛剤を厳選。 実際に使った利用者の満足度が高いものだけをまとめているので、効果のない粗悪な育毛剤を買って後悔する心配はありません ...

20代に効果のあるAGA対策!今使っておくべきはコレ!

20代でAGAが気になり始めたら、1日でも早く効果的な対策に取り組まないと、薄毛はどんどん進行してしまいます。 とはいえ、ネット上には嘘か本当かわからない情報がたくさんありますし、薬局に行けば効くのか ...

AGA対策におすすめのシャンプー3選

AGA対策に育毛剤と併せて使っておきたいシャンプーをまとめました。 頭皮への刺激・負担の強いシャンプーを使い続けることは、頭皮環境を悪化させるリスクが高く、専門家の間でも問題視されています。 AGAで ...

-AGA原因

Copyright© AGAに効く育毛剤ランキング【2019年版】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.