AGAに効く育毛剤をランキングで紹介!実際に使って効果があった育毛剤のおすすめはコレ!

AGAに効く育毛剤ランキング【2019年版】

20代に効果のあるAGA対策!今使っておくべきはコレ!

更新日:

20代でAGAが気になり始めたら、1日でも早く効果的な対策に取り組まないと、薄毛はどんどん進行してしまいます。

とはいえ、ネット上には嘘か本当かわからない情報がたくさんありますし、薬局に行けば効くのかどうか怪しいシャンプーやサプリがたくさん販売されています。

今回は、20代のAGA対策のために使っておきたい”効果的なアイテム”についてまとめました。効果のない無駄なものにお金を費やす前に、効果的なものは何か?どうすれば薄毛を気にせず生活できるようになるのか?を知っておきましょう。

20代のAGA対策は進行度別で2つに大別される

薄毛に効果を発揮してくれるのは育毛剤と薬の2種類のみです。
シャンプーやサプリメントを使用しても直接薄毛を改善してくれるものではありません。

育毛剤には、「発毛促進・脱毛予防・薄毛」に効果があると厚生労働省が認めている有効成分が含まれていますし、薬には臨床実験で効果が認めれている成分が含まれています。

つまり、AGA対策には育毛剤か薬を使わないと時間もお金も無駄になってしまうということ。
どれだけ良いシャンプーを使っても、どれだけ高価なサプリメントを飲んでいても、直接AGAに効果があるわけではないのです。

20代でAGA対策に取り組む場合、まずは育毛剤を使うべきか、薬を使うべきかを決めることが初めの一歩。
薬を使った治療と育毛剤を使った対策のメリット・デメリットを見ていきます。

薄毛治療薬を使うメリットとデメリット

薬を使って治療を進めると、発毛効果が期待できるのが大きなメリットです。
既にハゲが進行してしまっている場合でも、薬を使った治療に取り組むことでフサフサを取り戻している人は多いです。

ただし、飲み薬を使うため副作用が全身に作用してしまうリスクもあることを理解しておかないといけません。
具体的には、発毛効果のあるミノキシジルを使うことで、全身の毛が濃くなる「多毛症」、抜け毛の進行を抑えるプロペシアを使うことで、「精力減退」「ED(勃起不全)」などがあります。

副作用のない薬がないように、AGAの治療薬にも副作用のリスクがあることを理解しておきましょう。
また、AGA治療薬は1度飲み始めると、薄毛が気にならなくなるまで飲み続けないといけないという性質があります。

薬の服用をストップしてしまうと、脱毛酵素の働きによって再度ハゲが進行してしまうのです。
そのため、20代で薄毛治療を始めた場合、20年以上、30年以上、薬を飲み続けることになる場合も珍しくありません。

他の薬とは違い、長期間毎日毎日飲み続けるため、まだ明らかになっていない体への悪影響のリスクもある恐れがあります。

副作用のリスクが心配で薬を使わないで対策に取り組む方も少なくありません。
特に20代で薄毛が気になり始めた初期(まだ毛は生えている)なら、育毛剤を使って対策するのも一つの方法です。

育毛剤を使うメリットとデメリット

育毛剤は薬のような”発毛”効果はありません。あくまでも今生えている毛を太く強く育毛・発毛促進するものです。

AGAで悩んでいる20代の多くが、まだ毛は生えているけど、1本1本が細くなっていることで地肌が透けている状態です。
つまり、細くなった毛を太く育毛すれば、以前のように1本1本が太くなり、地肌が見える心配もなくなるというわけです。

また、育毛剤は強みは副作用のリスクがほとんどないということ。
薬のような強い作用がないこと、飲み込むわけではないことから、副作用の心配をせずに使えると評価が高いです。

最近では、アレルギーテストを実施済みの育毛剤や、頭皮への負担になる添加物が含まれていない育毛剤も多く、敏感肌やアレルギー肌でも使える育毛剤が増えてきています。

このように、「勃起不全や精力減退などの副作用が心配」「毎日薬を飲み続けることに抵抗がある」という多くの20代の男性が育毛剤を使っています。

冒頭でも書いた通り、育毛剤には厚生労働省が薄毛に効くと効果を認めている成分が配合されているので、十分期待できます。
実際、育毛剤を使って生え際が復活した!つむじが気にならなくなった!という人はたくさんいます。

20代のAGA対策に育毛剤が選ばれている理由

1.副作用のリスクがほとんどない

育毛剤は薬ではないので副作用のリスクはほとんどありません。石油系界面活性剤や防腐剤、着色料などが無添加のものであれば敏感肌やアレルギー肌の方でも安心して使い始めることができます。

2.飲むものではないので長期間使い続けても負担がない

直接体に摂取するものではなく、頭皮につけていくものなので長期間使い続けていても体に負担がかかる事はありません。薬だと有効成分を直接体に取り入れるため、かゆみやかぶれなどの皮膚疾患や、内臓に影響を及ぼすようなリスクがあります。育毛剤はこのようなリスクがないため20代に選ばれています。

3.自宅で手軽に始められる

育毛剤は自宅で手軽に薄毛対策ができるため、余計な手間がかからない点も人気の理由の1つです。薬を処方してもらうとなると、薬がなくなることにわざわざ病院に足を運ばなければならないですし、面倒な手間がかかってしまいます。さらに、保険が適用される事はほとんどありませんし、金銭面的なリスクも大きいです。一方、育毛剤は1本単位で販売されていますし、おおよそ1本5000円から8000円の値段で購入することができるので、金銭面的にも毎日継続しやすいんですよ。

4.厚生労働省が薄毛に効果があることを認めた有効成分が入っている

発毛効果が認められているミノキシジルが配合されていなくても、育毛剤には厚生労働省が効果を認めた成分が配合されています。例えば、男性ホルモンの働きを阻害する効果のあるオウゴンエキスや頭皮の血行を促し、髪の毛に栄養を届けやすい環境を整えてくれるセンブリエキス、抗炎症作用があり、頭皮をかゆみなフケを予防してくれるグリチルリチン酸2Kなどです。これらの成分が配合されていれば、髪の毛の育毛作用を促進させることができるため薄毛改善に大きく効果を期待することができるのです。

AGAが気になり始めた初期なら育毛剤を試す価値あり
まだ薄毛の症状がそこまでひどくない初期の段階であれば、育毛剤でも充分に効果を期待することができます。育毛剤は副作用のリスクも少ないですし、初期段階であれば育毛剤を使用した方が良いです。まずは育毛剤を使用してみて、3ヶ月程度使い続けても全く効果を得られなかった場合は、薬を服用してみると良いでしょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた段階ではとりあえず育毛剤を使ってみようと考えている方が多いですよ。

no image
AGA対策におすすめの育毛剤【副作用が少ない無添加を厳選!】

AGAに効く育毛剤ランキング 1位:チャップアップ チャップアップは、AGAで悩む男性の満足度99.1%の人気育毛剤。 2018年には、1番売れた育毛剤として新聞に掲載されるなど、AGAで悩む多くの男 ...

まとめ

0代であればまだまだ代謝も良いですし、血液の巡りも良いので薬を飲み続ける方法ではなく育毛剤を使用することをおすすめします。
薬治療は一度飲み始めてしまえば今後ずっと続けていかなければならなくなり、体への負担も心配されます。

薄毛が改善されたと勝手に判断して薬の服用を止めてしまえば、薄毛が再発してしまう危険性もあり、副作用のリスクもあるのであまりおすすめできません。

育毛剤には発毛効果は無いものの、頭皮環境を整えて髪の毛が太く丈夫に成長しやすい環境を作ることができるので、見えていた地肌を目立たせなくすることができますよ。
薄毛が気になったのであれば、まずは育毛剤で様子を見てみてはいかがでしょう。

-AGA対策

Copyright© AGAに効く育毛剤ランキング【2019年版】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.