AGAに効く育毛剤をランキングで紹介!実際に使って効果があった育毛剤のおすすめはコレ!

AGAに効く育毛剤ランキング【2019年版】

AGAの診断基準は?今すぐできるセルフチェック方法まとめ

投稿日:

以前よりも髪が薄くなった気がするけど、俺ってAGAなの?生まれつきなの?と疑問に思っていませんか。

私はAGAによる生え際の後退が進行し始めていましたが、早めに対策して復活できました。

自分がAGAなのかどうかを判断できれば、正しい対策に取り組めますし、ハゲをこれ以上酷くさせずに済むことができます。

でも、AGAになっているのに気のせいだと放置してしまったり、調べるのが面倒で対策を先延ばしにしているとハゲは確実に進行して抜け毛や薄毛に悩むことになります。

今回は手軽にできるAGAのセルフチェック方法についてまとめました。
まずはAGAが進行しているのかどうか、ハゲの原因は何なのかを知っておくと良いですよ

AGAのチェック方法!自宅で今すぐできる

AGAは「生え際」「つむじ」から進行するのが特徴なので、それぞれ場合分けしてチェックしていかなければなりません。

生え際とつむじ部分に分けてチェック方法を説明します。

生え際後退のAGAチェック方法

生え際の剃り込み部分と頭頂部の間が2センチ以内であるかどうかでAGAかどうか判断することができます。
生え際と頭頂部の間が2センチ以内であればAGAである可能性があります。

目安としては生え際が耳のそばまで下がっているかどうかで判断してみるとチェックしやすいです。

頭頂部のAGAチェック方法

つむじの周りの毛が細くなっている場合や地肌が見える範囲が明らかに多いなどの場合はAGAだと診断されることが多いです。
つむじが薄毛になっているかどうか確認するために、チェックポイントがあるのでそれをご紹介します。

  • つむじ部分の頭皮の色は白っぽい色をしているか?
  • つむじは渦の形を綺麗にしているか?
  • つむじ周辺の髪の毛は他の部分の髪の毛と変わらない髪質をしているか?

つむじの頭皮の色が白っぽい色をしていれば大丈夫なのですが、茶色かったり、赤みがかった色をしていたら危険信号です。
血行不良や炎症を起こしている証拠なので、これから薄毛になってしまう可能性が高いです。

また、つむじ周辺の髪の毛にも注目してみましょう。つむじ周辺の髪の毛は他の部分と比べて触り心地は変わらないですか?

もし、つむじ周辺の髪の毛が柔らかいように感じたら薄毛が進行し始めている可能性があります。

AGAの恐れがあるチェックリストまとめ

AGAを発症してしまうと感じるチェックリストを用意しました。生え際・つむじ関係なく、一つでも当てはまるとAGAが進行し始めているサインです。

  1. 生え際やつむじに短い毛・細い毛が増えている
  2. 短い毛や細い抜け毛が増えている
  3. 頭皮の痒みや皮脂の分泌が多くなった
  4. 細い毛が増える(ボリュームが減った)
  5. 親族に薄毛の人がいる

一つずつ詳しく見ていきます。

生え際やつむじに短い毛・細い毛が増えている

生え際や頭頂部に短い毛や細い毛が多く見られたら、それはヘアサイクルが乱れている証拠です。

生え際や頭頂部分にはDHTが多く生成されており、脱毛作用が大きく働きかけている状態である可能性があります。

DHTは血管を収縮させる働きがあるので、髪の毛に十分な栄養が行き届かなくなってしまうのです。成長期が短くなり、さらに栄養が行き届かなくなった髪の毛は細い毛や短い毛のまま成長を終えてしまい、ついには毛根から抜け落ちてしまいます。

そのまま放置しておくとどんどんはげてしまうので、早めにケアすることが必要です。

短い毛や細い抜け毛が増えている

抜け落ちた髪の毛を見て、もしそれが短い毛や細い毛であったら注意が必要です。成長途中の毛が抜け落ちているので、AGAが進行してしまっている可能性が高いです。

DHTのせいで栄養不足となり成長しきることができなかった髪の毛から抜け落ちていくので、どんどん薄毛の症状が進行してしまいます。
※内部リンク:短い毛抜け毛

頭皮の痒みや皮脂の分泌が多くなった

DHTは皮脂を過剰分泌させてしまう働きもあるのです。皮脂が過剰に分泌されることで毛穴づまりを起こしてしまいます。

毛穴詰まりが起こってしまうとそこから菌が繁殖してしまい、炎症を起こして抜け毛につながってしまうのです。
人によっては脂漏性皮膚炎をAGAと併発する人もいます。

脂漏性皮膚炎は病院で薬をもらうことで治療することができるので、かゆみが治らなかった場合は病院に行って薬を処方してもらいましょう。

細い毛が増える(ボリュームが減った)

鏡を見て細い毛が増えてきたなと思った事はありませんか?
DHTが原因で髪の毛に栄養が行き届かなくなると、髪の毛は成長が不十分のままヘアサイクルを終えてしまいます。

通常であれば太く丈夫に育つものであるのに、成長が不十分であるせいで弱々しくて細い髪の毛となってしまうのです。

DHTが活発に働けば働くほど細い毛がどんどん増えてきます。このような細い毛が増えるせいで髪の毛のボリュームがダウンしたり、細い毛の間から見える地肌が目立ってきたりするのです。

親族に薄毛の人がいる

AGAは多くの場合遺伝が原因で発症することが多いです。
薄毛や抜け毛の症状は脱毛ホルモンのDHTが原因だと言われているのですが、実は男性ホルモン受容体も関係があります。

男性ホルモンの受容体の感度が低いとDHTはそこまで活発に働くことができず薄毛の症状が進行する事は無いのですが、受容体の感度が高ければ高いほどDHTは活発に働き薄毛の症状が進行してしまいます。

男性ホルモン受容体の感度は母親から遺伝されるものですので、母親や母親の親族に薄毛の人がいないか確認してみましょう。

AGAが気になり始めたら1日でも早い対策が必須

厄介なことにAGAは進行型なのです。
早めにケアをすれば薄毛の症状を改善させることができるのですが、放置しておけばおくほどどんどん症状は悪化してしまいます。

最終的にはすべての髪の毛が抜け落ち、つるつるはげになってしまうのです。
そのようにならないためにも、抜け毛や薄毛が気になり始めたら1日でも早く対策する必要性があります。

上記ではAGAのセルフチェックの方法などもまとめましたので、気になった段階で早めに診断してみると良いでしょう。

AGAの症状が初期段階であれば生活習慣を改善したり、育毛剤を使用したり、薬を使用したりすることで大きな効果を期待することができます。

髪の毛の成長を促して太く丈夫に成長させることで、目立っていた地肌を隠すことができるのです。
自分の髪の毛の状態を理解しておくと良いでしょう。

一緒に読まれている記事

AGAに効果的な対策方法!時間とお金を無駄にしないために知っておきたい事

-AGA対策

Copyright© AGAに効く育毛剤ランキング【2019年版】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.