AGAに効く育毛剤をランキングで紹介!実際に使って効果があった育毛剤のおすすめはコレ!

AGAに効く育毛剤ランキング【2019年版】

短い抜け毛を改善するために私がやったことを全部書く!禿げる前にしておくべきこと

投稿日:

最近、短い抜け毛がよく目につくようになった。
ドライヤーで髪を乾かした後に洗面所に短い毛がパラパラと落ちているけど大丈夫か?と心配になっていませんか?

私も数年前に短い抜け毛が増えたことをきっかけにハゲ対策を始めました。
しっかりとハゲ対策を続けたこともあり、今では短い抜け毛は落ち着き、以前のように抜け毛やハゲを気にせずに毎日を送っています。

当時は「え?短い抜け毛ってヤバくない?このまま禿げるの?どうしたらよいの?」と毎日不安で不安で、鏡で生え際あたりを確認し続けていました(汗)

同じように悩んでいる人が多いと思いますので、その原因や改善方法について詳しくまとめておこうと思います。

はじめに結論を書いてしまうと、短い抜け毛が増えているのはハゲが進行し始めているサインです。

そのまま何も対策をせずに放置してしまうと、抜け毛は増え、生え際やつむじ周りが薄くなって地肌が透けるようになります。

今回は、短い抜け毛が増えてしまう原因やメカニズムと、ハゲを予防する方法について解説しました。
私が実際に取り組んで効果が合ったものを解説しているので、参考にしてみてください。

短い抜け毛が増える原因は男性ホルモンによる悪影響

短い抜け毛が増えるということは、成長が途中で終わってしまった髪の毛が抜け落ちているということです。

通常であれば十分な栄養が行き届き、成長期を全うした髪の毛はしっかりと太く長くなってから抜けます。
しかし、十分な栄養が届かず成長が不十分になってしまった髪の毛は、短いまま成長を終えて抜け落ちてしまうのです。

成長途中の髪の毛が抜け落ちていく症状は、AGAの典型的なパターンになります。短い抜け毛が多くみられたら注意しておかなければなりません。

AGAは男性ホルモンのテストステロンと酵素5αリダクターゼが結合することで作られるDHTという脱毛ホルモンが原因で引き起こされます。

DHTは本来ならばスムーズに栄養が行き届くはずの道を収縮させて、髪の毛に栄養を行き届かなくさせてしまう働きがあります。

髪の毛にはヘアサイクルがあり、成長期、退行期、休止期の3つの期間に分かれています。

成長期は約3年から5年、退行期は約1週間から3週間、休止期は約2ヶ月から3ヶ月の期間があります。
成長期に髪の毛は太く長く成長しようと活発に動いているのです。

しかし、DHTが活発に働き出してしまうと、成長をストップさせる働きがあるので髪の毛の成長期を短くしてしまいます。

髪の毛は一度ヘアサイクルを終えてしまうと、再度成長期を迎える事はありません。
そのまま成長期を終えることになり、十分な成長期間を設けることなく栄養不足となってしまった髪の毛が毛根から抜け落ちてしまい、薄毛や抜け毛の症状を引き起こしてしまうのです。

AGAは進行型なので、放置しておけば勝手に治るというものではありません。
むしろケアをすることなく放っておけば放って置くほど症状は進行し、最終的にはつるつるはげになってしまう可能性があります。

症状が進行して手遅れになってしまう前に、抜け毛や薄毛が気になり始めたらすぐに対策を練るようにしましょう。

参考:AGAでハゲるメカニズムとAGAを引き起こす原因まとめ

短い抜け毛の効果的な改善方法

薄毛はニキビ等と同じで、病院で治療する方法と、市販の育毛剤で対策する方法があります。
どちらも薄毛に効果がありますが、効果の強さや副作用のリスクなど違いが出てきます。

わかりやすいように病院での治療と、育毛剤での対策の違いを図でまとめてみましたのでご覧ください。

病院での治療 育毛剤で対策
効果 脱毛進行抑制効果/発毛効果 脱毛予防/発毛促進
効き目 強い/薄毛が進行した人に効果的 個人差あり/予防や薄毛初期の人に効果的
副作用 あり なし
費用 月30,000円前後 月10,000円前後
購入場所 病院 薬局や通販

薄毛治療は効果が強いけど副作用の心配をする人が多い

病院で治療をすれば、抜け毛の進行を抑えたり発毛効果が期待できます。
発毛させる「ミノキシジル」、抜け毛の進行を抑える「プロペシア/ザガーロ」という薬を服用するのが一般的です。

既に薄毛がかなり進行している人でも、明らかにわかるほど発毛する人もいるなど、薬を飲むだけあり劇的な効果を実感する人もいます。
もちろん、個人差はありますけどね。

ただ、薬を毎日飲み続ける必要があるため副作用のリスクもあります。

精力減退や勃起不全(ED)、肝機能障害などの副作用が心配されています。
実際に副作用が起こってしまう確率は4%というデータもあります。100人中4人ほどは何かしらの副作用を訴えると考えると、躊躇してしまう人がいるのにも納得です。

また、費用は月30,000円程度が一般的ですが、治療内容によって金額が変わります。
治療内容によっては100万円という高額なものもあるので、病院での治療はどうしても費用が高くなるのが欠点です。

育毛剤を使った対策は副作用のリスクが低いのが人気の理由

育毛剤には厚生労働省が効果を認めた有効成分が含まれています。発毛促進や抜け毛の予防、薄毛に効果があると認められているのです。

ただし、育毛剤は今生えている毛に作用するのが主な働きとなります。既に毛がなくなってしまった人が使っても、新しい毛を生えさせる(発毛)効果はありません。

薄毛が気になり始めた初期の人(まだ毛は生えている)が使うなら十分効果は期待できるでしょう。

一方で、既に薄毛が進行して何十年も経過している人(毛根が死滅して毛が生えていない)が使っても満足できる効果は期待できないので気を付けましょう。

薄毛予防や初期対策なら育毛剤が選ばれている理由

育毛剤は薬ではないので副作用のリスクがほとんどありません。最近ではアレルギーテスト済みの商品も増えてきているため、敏感肌で刺激に弱い人でも使えるようになっています。

「薬は髪が復活しても勃起しなくなる危険性があるから使いたくない」
「万が一、薬で副作用が出てしまったことを考えるとリスクはできるだけ避けておきたい」
「育毛剤の効果は厚生労働省が認めているから育毛剤で十分期待できる」

育毛剤に対する評価は人それぞれですが、薬のリスクや育毛についての知識がある人の多くが選択肢の一つとして考えていますね。

薬のように発毛効果はないですが、まだハゲ初期の段階なら育毛や発毛促進効果で復活できる可能性はあるからです。

また、病院での治療に比べて低コストで育毛できるのも人気の理由です。
病院での治療は年間30万円ほど必要な場合も多く、医療費ローンを組んで対応している人も少なくありません。施術内容によっては50万円以上が必要になることも。

育毛剤なら毎月1万円以内で買えるので、高額な医療費ローンを組んだり、月々の返済に頭を抱える心配もありません。

抜け毛やハゲが気になり始めた段階なら、まずは育毛剤を使った対策に取り組んでみると良いです。
AGAは放置していると酷くなる一方なので、1日でも早く対策に取り組むことが抜け毛を予防する最善の方法ですよ。

参考:AGAに効く育毛剤ランキング2019年版

短い抜け毛に効果的な改善方法5ステップ

1、 育毛剤を使う
まずは育毛剤を使って様子を見てみましょう。短い抜け毛が気になった段階であれば育毛剤でも充分に効果を期待することができます。育毛剤を毎日使い続けることで徐々に抜け毛が減っていくので薄毛の症状の改善を見込めるのです。

2、 食事の見直しも同時に行う
AGA対策のためには食事の見直しを図るのも大切です。栄養バランスの整った食事はしっかり摂れていますか?

髪の毛を構成するために必要な栄養素はタンパク質、ビタミン、亜鉛です。サプリメントは不足してしまった栄養素を手軽に補うことができるので、忙しくてしっかりとした食事が摂れないという人にもオススメです。

参考:AGA対策におすすめの栄養素と食べ物

3、 生活リズムも見直す
食生活だけではなく生活リズムも見直すことが重要です。しっかりと睡眠時間は確保できていますか?また、適度な運動はしていますか?

睡眠不足になってしまうと体にストレスが溜まってしまい、ホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまいます。
薄毛の原因にはホルモンバランスの乱れも大きく関係しているので、睡眠時間をしっかり確保しておかなければAGAを引き起こしてしまうきっかけになるのです。

また、睡眠中は細胞分裂が活発に行われている時間です。睡眠をしっかりとっていないと細胞分裂が活発に行われないため、髪の毛が十分に成長できなくなってしまうのです。
髪の毛が成長しやすい環境を整えるためにも、睡眠時間は確保しておくことが大切です。

薄毛対策には運動も効果的です。筋トレなどの無酸素運動ではなくて、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が良いです。DHTは汗と一緒に外部に排出することができると言われています。

筋トレなども良いのですが、あまりしすぎると男性ホルモンの量を増やしてしまう可能性があります。
男性ホルモンの量が増えると5αリダクターゼと結合する確率が高まってしまうのであまりおすすめできません。

有酸素運動にはリラックス効果がありますし、ストレス解消にもつながりますのでぜひ試してみてください。

参考:AGA対策に効果的な運動まとめ!発汗でDHTを排出する方法

4、3か月から6か月は継続する
AGA対策をしてもすぐに効果を時間することができないので、すぐに諦めてしまう人も少なくありません。

病院で治療する方法も育毛剤を使用する方法もヘアサイクルと関連して効果を発揮していくので、短時間で効果を得ることはできません。
最低でも3ヶ月から6ヶ月間継続する必要があるのです。

3ヶ月ごろから徐々に抜け毛の量が減り始めて薄毛に対して効果を実感することができるので、諦めず根気強い気持ちを持つことが大切です。

4、 効果がなければ専門医を受診する
上記の方法を全て試しても効果が出なかった場合は、病院を受診すると良いでしょう。
血圧や血液検査などでしっかり症状を分析してくれますし、その症状に合わせた薬を処方してもらうことができます。

副作用のリスクはありますが、実際に起こる確率は低いですしそこまで不安に思う必要はありません。
心配なのであれば、事前に医師に相談しておくことをおすすめします。もし、持病を抱えているのであれば必ず伝えなければなりません。

万が一、副作用が起きてしまった場合は使用を止めてすぐに病院に行きましょう。薬の種類を変えるか、治療法を変えるかなどで医師が提案してくれるので、相談しあって今後の治療計画を決めていくことが大切です。

参考:AGAクリニックの失敗しない選び方と選ぶ3つのコツ

短い抜け毛が気になり始めたら早めの対策が必要不可欠

薄毛の症状を放置してしまうとM字ハゲになったり、てっぺんハゲになってしまう危険性があります。
AGAは進行型なので、症状はどんどん悪化していき最終的にはつるつるはげになってしまう可能性もあります。

そうならないためにも、抜け毛や薄毛が気になり始めたらすぐにケアを始めるようにしましょう。

早い段階であれば育毛剤でも大きな効果を期待することができますし、病院で高い費用の治療を受けなくても薄毛を改善することができます。
薄毛ケアが早ければ早いほど薄毛改善に大きな効果を期待することができるので、抜け毛が気になってきたら逐一確認しておくことをおすすめします。

参考:AGAに効く育毛剤ランキング2019年版

-AGA対策

Copyright© AGAに効く育毛剤ランキング【2019年版】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.